スポンサーサイト

Posted by うえはらせいこ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点回帰

Posted by うえはらせいこ on 22.2011 2 comments 0 trackback
6月20日に書きたかった事、その1。

時々、コンゴ民主共和国の友達からメールや電話がきます。
「どうも~、元気?仕事しとるか~?」的なのから
「HIV感染予防のプロジェクトを手伝って欲しい」的なのまで。

前に会った時はフランス語さっぱりやったから、
ちょっと分かるようになったんが嬉しいらしい。

コンゴ民主共和国といえば、つい最近まで内戦があった国。
昔はザイールと呼ばれていました。

広大な土地を荒廃した政府がまとめあげる事は難しく
東部は情勢不安定が続いており、
多くの国際援助機関やNGOが介入しています。

ただそれらの援助機関の懸命な活動が届きにくい地域も存在します。
009_6407.jpg
こんな道ですからね。行くだけで大変です。

そして難民の人達は、こんな道を赤ちゃんを背負って
小さな子どもの手をひいたり、お年寄りの背中を押しながら
戦火を逃れて少しでも安全な場所へと避難していきます。

009_5977.jpg

以前、コンゴ民主共和国に行った時は、
NPO法人テラ・ルネッサンスの事業地域に入りました。
コンゴ東部カロンゲ地区にて、元子ども兵の社会復帰支援を行っています。



009_6141.jpg

今、つくづく思いますが。
ここで事業を展開するのは本当に大変だろうなと思います。

明日どうなるかも分からない環境で、生きていくのにみんな必死で、
それでもよりよい未来を手に出来る事を信じて
職業訓練校を立ち上げ運営していく。

でもどんなに困難でも諦めない。

私が今、煮詰まっているような事とか
悩んでいるような事なんてホントにちっぽけだと思う。

残り1年、ちょっと心を原点回帰して頑張ろうと思った日でした。


009_6393.jpg
↑おまけ↑ 帰りたいモード全開の上原さん(後方左)。
車がぬかるみにハマって、徒歩で進んでいる時に
雨が降ってきて、悲しくなってきてスニーカーで穴掘っとります。
その後、その泥んこスニーカーで街のホテルに入るのを拒まれる。
外国なのに靴を脱いで靴下でホテル内を徘徊する結末でした。
スポンサーサイト

ケータイforコンゴ

Posted by うえはらせいこ on 25.2010 0 comments 0 trackback
前職のNPO法人テラ・ルネッサンスで新しい取り組みを
開始した様なので、応援を込めて紹介させてもらいます

「ケータイforコンゴ」~使用済み携帯電話を集めて送る~

中央アフリカで広大な土地を占めている、
コンゴ民主共和国では今もなお紛争が続いています

複雑に絡み合った要因は紛争を長引かせ
たくさんの死者と国内外に避難民を生み出しています。

また誘拐された子ども達はペンではなく銃を持ち、
人殺しの道具へと教育され戦場に送り出されています。

さらに安全と思われている避難民キャンプで
治安状態の悪化からレイプ事件が発生し
HIV感染の懸念がされていながらも、
発症までに遅延のあるHIVに対してのケアまで
手がまわらない厳しい医療環境でもあります。

コンゴ民主共和国の紛争の要因の一部に、
そこで採取されるレアメタルが関わっていることも事実です。
この紛争が資源紛争と呼ばれるのはそのためです。

採取されたレアメタルは先進国で携帯電話や
パソコンの材料になります

携帯やパソコンを買ったり使用したりする事が
悪い事だとは思いません。ただその道具と世界で起きている事が
関わりを持っている事を知った時にどんな事が出来るかを
ちょっと考えてみることが、これからを生きる私たちに
求められているのではないかと思います。

ですので、貴重な資源を使い捨てないようにする
その取り組みを行おうとしているテラ・ルネッサンスの
紹介をさせてもらいました

コンゴ民主共和国のことや、子ども兵の事に関しては
また後日、UPしたいな~と考えています


マジ、死ぬ!と思ったコンゴ事業視察の道中で
代表と撮った写真
いろいろと伝説の多く残った視察でした…

009_6007.jpg

お土産ですといただいたニワトリに
じゃっかん引いている日本人と
かなり満足そうな現地人スタッフ
009_6280.jpg

時々、コンゴのスタッフがメールをくれます。
いつかセネガルに来てくれるそうです
 HOME 
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。