スポンサーサイト

Posted by うえはらせいこ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレーブ

Posted by うえはらせいこ on 04.2011 0 comments 0 trackback
フランス文化の影響でしょうか?
セネガルではいろんな機関でしょっちゅうグレーブが起きています。

グレーブとはいわゆるストの事。

教職員が給与の不払いに対するグレーブを行った際には
登校してすぐに帰宅せざる終えない学生達を目にします。

以前、グレーブのため帰宅途中の女子学生が乗った原付が
トラックと事故を起こして、女子学生が亡くなってしまいました。

タクシーもたまにグレーブをしています。
国道を何十台ものタクシーが連なって走る光景は異様です。

病院でもしょっちゅうグレーブをしています。
先週は2日くらいしか診察をおこなっていなかったと思います。
うちの職場には医師はいませんが
「調子が悪いから診て欲しい」と来る人が何人かいました。

しかもうちの職場には火水金曜日の午後は
診療所から助産士が来て、妊産婦検診をしています。
最近、毎週火曜日~木曜日はグレーブなので
結果的にうちのセンターでも火曜日と水曜日の検診は中止になっていました。

そして、昨日。
金曜日の午後は妊産婦検診があるので、いつも大忙しです。
なので私と同僚Tは時間通りに出勤して準備していました。
利用者さんも20人(定員は15人)も来ています。

で、整理券を配り終えて、さぁ受付開始という時。
「今日もグレーブだから助産士来ないよ」の知らせが。
しかもそれを知らせてきたスタッフは、
午前中からその情報を知っていたのに…。

現場で動く私たちに連絡が無くて、1人で情報握ってるってどうなん!?
と、セネ人が激怒していましたがその通りだと思います。

暑い中、センターまで来て静かに順番を待っていた利用者さんに申し訳ない。
グレーブが起きる根本的な問題解決も必要ですが
グレーブが起きても柔軟に対応できるように組織体制を
強化しないといけないと思います…。


スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://seiko1106.blog134.fc2.com/tb.php/244-5cad975c
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。