スポンサーサイト

Posted by うえはらせいこ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好き、

Posted by うえはらせいこ on 22.2010 0 comments 0 trackback
一晩寝ても、ミッフィ熱は冷めておらず…

今日も仕事から帰ってきて、昨日のサイトで
三種の神器温度計時計ストラップ)を
交互に見てしまうのです

さて、私の職種はエイズ対策ですが
普段はセンターにいてHIV検査の記録や
妊産婦検診の補助をしています。

タンバクンダは、ウォロフ・バンバラ・セレール・プルと
少なくとも4種類の部族が混在し、
公用語のフランス語やウォロフ語を話せない人も
たくさん住んでいます

ですのでスタッフ達は対象者に合わせた言語で
カウンセリングをしていますすげぇ

来所者のプライバシー保護などの関係で
あまりセンターでの活動の詳細は書けないのですが
今日はとっても考えさせられることがあったので
書きます

うちのセンターでは無料でHIV検査が受けれます。

HIV検査を受けるということは
HIVウイルスが体内に“いるか”、“いないか”
の事実を確認するだけでは終わりません。

もし結婚していれば、配偶者に開示して
その人も検査を受けるべきか考えなくてはいけませんし
出産時にHIV検査をしていないけれど、
子どもがいるのであれば母子感染の可能性も出てきます。


はてさて、私が赴任してから初めてHIV検査で陽性と
結果が出た利用者の人がいた時の事。

うちのセンターでは検査とカウンセリングは出来ても、
CD4の数値の測定や薬の配布はできません。

ですので、市民病院に申し送りをするのですが
その方はフランス語もウォロフ語もままならない方でした。

いろいろと他にも気になる点はありまして
紙に必要事項だけ書いて、「いってらっしゃい」と
送りだすにはちょっと不安な感じでした。

するとうちのスタッフは「一緒に行こう」と言って、
市民病院まで一緒に行って、病院スタッフへの紹介や
通訳等をしていました

うちのスタッフ、ほとんどが無給です。
日本の民生委員さんのような感じです

でも年齢は私と同じ位かもっと下の子が多いです。

自分たちの街の健康課題を自分たちの手で支えようとしている
その前向きな姿勢に背中を押される感じがしました

スタッフの事がちょっと好きになる出来事でした。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://seiko1106.blog134.fc2.com/tb.php/87-8757cbc5
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。