スポンサーサイト

Posted by うえはらせいこ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セネガルでもFUNKIST布教活動

Posted by うえはらせいこ on 30.2010 0 comments 0 trackback
最近、ジャンベを習っています
アフリカの太鼓です

家の近くの卵屋のお兄ちゃんがジャンベ奏者なので
卵屋にジャンベを持ち込んで店先で叩いてます

タンバクンダはマリに近く、セネガルの中でも
本場のジャンベに触れられるおいしい地域です

そしてジャンベといえば…ガチくん

ジャンベガチ君 FUNKIST

知る人は知っている…
私がFUNKIST中毒だということを





FUNKISTを知ったのはテラルネに在席していた頃のこと。

奈良公園で開かれた“虹の祭り”というイベントに
テラルネのブースを出していたのですが
雨は降ってくるわ、鹿は悲しい声で泣くわで
テンションだだ下がりだったわけです

ステージでは講演とかライブとかやっているのだけれども
あんまりスタッフ居ないしと、ボーッとブース番をしていました。

そんな時、鬼丸代表が
「次のバンド、“僕は13歳職業、兵士”を読んでくれてるよ」
とおっしゃったので、
「あらあらまあまあ、ありがたい
と眠たい頭をステージに向けたのでした。

数分後、「ちょっと行ってきますわ」と
ブースをほっぽり出してステージ前に走っていっちゃいました


その後、代表がFUNKISTと一緒に私の地元、
高松で開催されるイベントに出演する時にくっついていったり、

テラルネでイベントを開催する時のBGMはFUNKISTだったり、

新人インターンには常にFUNKISTの良いところを仕事中に吹き込んだり、

最終的にイベントを企画して出演しててもらったりした、
私のヒーローである


なので、ジャンベの師匠にもFUNKISTの曲をCDに焼いて
「これ、日本で1番大好きなバンド」といって渡してみた。

そしたら今日、「超、いいね何て名前?」と言っていたので
「FUNKIST」と答えたら、聞き慣れない名前に戸惑ってました。

毎週、FUNKISTという単語を不意に言って
徐々に刷り込んでいこうと思います

というのは冗談で、いつかFUNKISTの曲を
ジャンベで弾けるように練習頑張りまーす
スポンサーサイト
Category : 生活(文化)


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://seiko1106.blog134.fc2.com/tb.php/98-45269972
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。